バスケットボールで大事なこと・必要なこと        (試合に出場するために)

初めまして。皆さんこんにちは!ロッキーです。

今日のブログテーマはバスケットにおいて必要なことや大事なことを書こうと思います。

ロッキーが思うバスケットにおいて必要なことは、ずばり

「共通認識」

だと思います。

ん?共通認識?って思った方多いはず…

もちろん前提としてスキル(シュート、パス、ドリブル)が必要な事に変わりはありません。

上記は上達する上では絶対必須になります。

今日はそういったバスケットそのものではなく、少し視点を変えお話しします。

まず、バスケットのスキルがとんでもなく長けていても試合に出れない選手は多いと思います。

逆にスキルがそこそこでも試合に出てる選手も多いと思います。

これはなぜか?それは先程お話した「共通認識」の能力があるかないか。

では、これはどういった場面で必要なのか、少し具体的にお話していきます。

A選手→スキルはとんでもない・共通認識能力は低い

B選手→スキルはそこそこ・共通認識能力高い

ではあなたが指導する立場になった際のことを想像してみてください。

         〜シチュエーション〜

【自チームのオフェンスは単発シュートが増えミスが多くなる】

【相手チームは確実にゴール下で点を取ってきている場面】

この場面でコーチであるあなたは外角シュートではなくリング下でのシュートを指示します。

こんな時にあなたならどのようなことを思うか想像してみてください。

私なら、リング下はリング下でもインサイドの選手を使ってオフェンスするように指示を出すと思います。

(ここの場面はあなたの想像であなたの考えなので、その考えに当てはめて考えてみてください)

ここでポイントになってくるのが共通認識になります。

A選手→自分の指示や思いを汲み取らずに自らの能力に身を任せてオフェン スを構築する

B選手→コーチの考えを考慮した上で、最終的なオフェンスを構築する

(この場面でのA選手、B選手の行動はあなたのあなたの考えに当てはめてみてください。)

こういった場面であなたならどちらの選手を起用したいと考えますか?

※ここが試合に出る出ないのポイントになります。

言葉で共通認識と言っても難しいと思いますが、簡単に言うと

「自己犠牲」

ができるかどうかと言うことになります。

ん?共通認識と自己犠牲って一緒?…

はい!これはかなり密接した関係になります。

これは一概ではない事を前提として、、、

自らのスキルや能力が高いと、と言うより自分よりもスキルや能力が低い選手が味方に多いとわがままになりやすいです。

これは紛れもない事実になります。

試合に出る上でスキルの差はそこまで大きくならないがここの差はかなり出ます。

だからと言ってじゃあスキルや能力低い方がいいの?ってなっちゃいそうですが、そうではなく

考え方を変えれたらとんでもない選手になれると言う事です。

バスケットの本質的に、試合に出てるのは5人・ベンチに10人・他にコーチ等が数人いる団体スポーツです。

だからこそチームの考え方が全員に共通して認識されていること

バスケットは団体で1人では何もできない(自己を犠牲にする)と言うこと

ここが

共通認識と自己犠牲

の密接関係ポイントなのです。

これを踏まえた上で考え方の基礎を構築すると

スキル・能力・脳力(IQ)

と言う三拍子を揃えた化け物になれると言う事です。

少し脱線してしまいましたが、今日のブログでは試合に出るために必要な事(本質的なとこではなく目に見えない第三の能力部分)を書いてみました。

試合に出たいあなた。育成力のある名コーチになりたいあなた。

ここを捉えて、是非とも明日からのバスケットライフに生かしてみてください。

次回はバスケットIQのUPについてお話していきます。

皆様お楽しみに〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です